脇汗をかきやすい体質は漢方薬とダイエットで改善

薄着の季節になり、夏本番を迎えるにあたって、女性の悩みの一つが脇汗です。

若い女性の中には、脇毛の脱毛をしている人が多く、より汗をかいていることに敏感になっています。色の濃い洋服を着れなくて悩んでいるという人も多いでしょう。まずは脇汗の原因と対策を知りましょう。

脇汗の原因として考えられているのが、精神的な影響と言われています。夏に限らずに寒い季節でも、緊張をしたり不安を感じると汗をかきやすいですよね。それは、何らかの影響によって交感神経が促進されているからなのです。

交感神経が刺激されると汗の分泌も多くなります。ストレスを感じていたりすると副交感神経の働きが弱まり、交感神経の働きが強くなってしまいます。その為、本人でも気付かないうちに汗をかいてしまうようです。

また、女性の多くはホルモンバランスが乱れることにより、汗の分泌が多くなることもあります。また、脇に限った話ではなありませんが、汗をよくかくという人は病気が隠れている可能性もあります。糖尿病やバセドー病などが隠れていることもありますので、気になる場合は一度クリニックを受診するようにしましょう。また、日常生活に支障が出るような場合は、多汗症と呼ばれます。手術などで汗腺であるアポクリン汗腺を切除することで改善することができると言われていますが、手術をするとデメリットもある為、手術以外の方法で対策をしていく方が良いでしょう。

脇汗を抑える対策としては、制汗剤スプレーやクリームを使用し汗腺を塞いで汗自体を出させないようにする方法と、汗を吸収するパットを使用する方法が身近なすぐできる対策法と言えるでしょう。しかし、汗をかきやすい人の対策としては不十分です。

先程も言いましたが、まずはストレスや緊張などの精神的な負担を減らすことで、副交感神経の働きを活性化する必要があります。また、食生活の中で辛い物などの刺激物をよく食べるという方は控えるようにしましょう。

また肥満の人には汗をかきやすい特徴がありますので、ダイエットをするのも効果的です。女性の場合は、ホルモンバランスを整えることで改善することが多い為、乱れているホルモンバランスを整えましょう。バランスを整える方法として、漢方薬がオススメです。即効性はありませんが、体質改善をしてくれますし、バランスを整える効能を持っている物もあります。汗をかきやすい体質を根本的に改善していくなら、オススメです。

リビドーロゼについて
ラポマインについて
ベルタ葉酸について