冬場の紫外線対策こそ美白を実現するための重要な時期

美白には紫外線をカットすることが重要とされていて、強い日差しが降り注ぐ夏場にはしっかりと日焼け止めを塗って対策をされている方は多いでしょう。

しかし、冬場になると日焼け止めを使用せずに過ごしているという方も多いのではないでしょうか。
実は、冬場の紫外線対策こそ美白を実現するための重要な時期で、冬場の日焼け止めは美白には必須となっています。

紫外線についてよく勘違いされがちなのですが、紫外線量と気温というのは全く関係がありません。
夏場の暑い時期は紫外線量が多いのは確かですが、寒い冬場であっても紫外線は確かに降り注いでいるのです。

その量というのは、真夏の日中のおよそ1/3。これは真夏の16時頃の量ということを考えれば、日焼け止めの必要性は理解出来るでしょう。
しかも、冬場には空気が乾燥していますから乾燥肌などにもなりやすく、肌のバリア機能が低下しやすい時期ですから紫外線の影響を夏場以上に受けることになります。

そもそも、紫外線には3種類あって、それぞれUV-A、UV-B、UV-Cというものになります。

しわやたるみの主な原因になるのはUV-Aですが、この波長の紫外線は雲やガラスを透過しやすい特徴を持っている上、季節ごとの変動が少ないのです。

冬場での紫外線対策は、この波長への対策が重要で、日焼け止めもそれに合わせて使い分ける必要があります。

冬場の日焼け止めは、室内で使う際には軽めの物でも問題ありません。

窓辺やベランダなどで過ごすのであれば、SPF値は10程度、PA値+程度で使い勝手の良いジェルタイプなどがおすすめです。
屋外で活動をするのであれば、SPF値20~40、PA値++ぐらいのものが良いでしょう。

ウインタースポーツをするのであれば、照り返しなどのことも考えてもう少し強めの物を選びましょう。
注意点としては、冬場は前述の通り乾燥肌になりやすく肌バリアが低下しやすい時期ですから、強めの日焼け止めでも肌に強い負担となります。
紫外線対策をしても日焼け止めで肌荒れを起こしてもしょうがないので、しっかりと肌荒れ対策をしながら日焼け止めを利用しましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です