飲む日焼け止めだけでは不十分?美白やアンチエイジング

塗る日焼け止めは肌が白くなったり面倒だったりしますよね。

一方で飲む日焼け止めはサプリメントなので何のストレスもなく使用することができます。
中には完全に飲む日焼け止めにシフトしている人もいますが、実は飲む日焼け止めだけでは完全に日焼けを防止することはできないのです。

塗る日焼け止めは紫外線を跳ね返すようなイメージですが、飲む日焼け止めにはそんな効果はありません。
飲む日焼け止めの効果は「メラニン色素を沈着させないこと」なので、そもそも塗るタイプと飲むタイプの日焼け止めは目的が違うのです。

紫外線を浴びることによってメラニンがつくられますが、肌のターンオーバーが整っていれば色素沈着することなく体外に排出されます。
しかしメラニンを排出しにくい体質の人もいれば、ターンオーバーの乱れによってメラニンが沈着してしまう人もいます。
飲む日焼け止めはそんな色素沈着をしないように、対外に排出させる効果が期待できます。

飲む日焼け止めは「飲めば日焼けしない」という製品ではありませんし、強い日差しの中では塗る日焼け止めも必要です。
しかし日焼け止めを塗れない目も守れるなど、とても便利です。

徹底的な美白を考えると飲むタイプと塗るタイプの併用が望ましいですが、日常生活程度であれば飲むタイプの日焼け止めだけで充分なのかもしれません。
塗るタイプの日焼け止めには、刺激が強かったり肌荒れしてしまうものもあるので、敏感肌やアトピーの人にも向いています。

飲む日焼け止めの中には美容成分もたっぷり含まれているものもあるので、紫外線から肌を守るだけでなく、栄養を与える成分が入っているとアンチエイジングにも期待できます。
強烈な日差しや長時間屋外にいる場合は塗るタイプと飲むタイプの日焼け止めの併用を、軽い外出程度であれば美容成分の入った飲む日焼け止めを。

紫外線は季節に関係なくいつでもふり注いでいるので、しっかりケアして美白とアンチエイジングをしていきましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です